あなたの職場、こんな問題抱えていませんか?

連絡事項が全員に伝わらない

 

  


           『おしごと伝言板』がこの問題を解決します!

『おしごと伝言版』は、お客様からお預かりする情報を、当社でまとめ、それを動画サイト等に投稿するサービスです。

サービスを利用することで、必要な情報を、誰もが、いつでも、どこでも確認できるようになり、その結果、職場内で正確にそして迅速に情報を共有することができるようになります。

現在、業務上の情報共有に問題を抱えているという方は、ぜひ参考にご覧になってください。

利点1:情報を様々な方法で確認することができるようになります。

   パソコンでも

   スマホでも

   タブレットでも

   DVDプレイヤーでも

利点2:場所や時間を選ばずに見ることができます。

 会社でも

 自宅でも

     そして外出先でも

利点3:情報をわかりやすく動画に変換しますので、口頭や書面での伝達よりも正確に情報を共有できます。

 

お仕事伝言板のサンプル動画は  >>> こちら

 

 

 ナレーターによる音声バージョンは  

こちら  ↓ ↓ ↓


一人で仕事をする個人事業主であれば別ですが、ほとんどの仕事では、職場内で職員同士がコミニュケーションをとりながら、情報を共有しています。

 

業種によって、情報を伝える頻度やボリューム、重要度、それに要する時間等は異なりますが、二人以上の職員がいる限り、必ず何らかの情報共有が必要です。

  

中には、医療や介護のように、情報を正確に共有しないと、人の命に関わるような業種もあります。

 

皆さんの職場では、情報伝達がスムーズに、そして正確にできていますか?

 

 

 私たちは、ある介護施設の管理者からこんな相談を受けました。

 

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

毎週ミーティングを実施し、お客様の状態や最近起こった出来事、必要な業務の内容などを伝達しているのだが、なかなか理解できない人や覚えられない人がいる、、、。

 

また、そのミーティングに出席できない人への伝達が行き届かず、その場で発信されたことが全体に共有されないことが多い。

 

介護の仕事は全てのスタッフで情報共有しながら、お客様へ同一のサービスを提供しなくてはならないため、このように、情報共有にミスが生じると、そのままサービス品質の低下に直結してしまう。

 

サービス品質の低下はお客様からの信頼をなくすことに繋がり、クレームに発展することも少なくない。

最悪の場合、命に関わることもある。

 

このような情報共有のミスが生じないように、大事な情報を正確に、そして迅速に伝達することはできないだろうか?

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

 

そんな相談を受けて、考案したのが、このおしごと伝言板です。

 

 

次>>  動画の作成手順について  >>> こちら