知っておきたい有料老人ホームの選び方 - 全国有料老人ホーム一覧

全国有料老人ホーム一覧は  こちら


さまざまな種類のある老人ホーム

あなたはどのようにして探しますか?

現在介護が必要な人は全国で500万人を超えています。

 

介護保険制度は在宅で生活することを重視して作られている制度ではありますが、家庭環境や生活環境問題など、さまざまな事情により在宅生活ではなく、施設入居を選択する人も決して少なくありません。

 

しかし、老人ホームといってもさまざまな種類があり、実際にどうやって入居する老人ホームを決めればいいのかわからないという人も多いはずです。

 

介護サービスの利用を考えている人、なかでも老人ホームへの入居を考えている人がどのようにして最適な老人ホームを探し、そして選んでいくのかを考えていきましょう。


ではまず老人ホームにはどんな種類があるのかを考えていきましょう。

老人ホームの種類とは?

なかなか入所できない公的施設!

特別養護老人ホームは常に介護が必要で、自宅での介護が受けられない方のための施設です。ここでは、食事や介護などの日常生活上の介護や健康管理を受けることができます。

 

特別養護老人ホームは比較的重度の人が多いことと、かかる費用が安いことから入所希望者が殺到し、入所待ちの期間が1年以上という施設も珍しくなく、すぐに入所できる施設はほとんどありません。

 

 

老人保健施設はリハビリに重点をおいた介護を目的とした施設です。ここでは医学的な管理のもとで介護や看護を受けられますが、リハビリを目的としているため、ほとんどの場合入所期間が短く制限されており、長期間入所できる施設ではありません。

 

病院で治療を終え自宅に戻るための準備や、他の施設へ移る準備のために、一時的に入所する施設なのです。


なお、特別養護老人ホームと老人保健施設は、要支援1・2の方は利用できません。



ケアハウスは比較的要介護状態が軽度の方が入所する施設です。

 

ここは、自立して日常生活を送ることができる方のための施設で、日常的に介護が必要となった場合、施設としての対応ができなくなり、退去しなければはならないこともあります。

 


グループホームは認知症の方のための小規模な施設です。

 

認知症の高齢者の方が共同で生活をする場で、食事や入浴などの介護や機能訓練を受けることができます。

 

 

最近、サービス付き高齢者住宅が増えています。 簡単に言うと最低限のサポートがあるバリアフリーの賃貸住宅です。比較的入居費用が安く済むところが魅力です。

 

安否確認、生活相談がいつでもでき、訪問介護サービスなどの介護保険サービスが利用できます。

 

入居一時金がかからない。さまざまな生活スタイルに柔軟に対応できるため自由度が高い。キッチンがついている場合は自炊が可能。多くの施設でお酒やたばこも可能。住み替えをしやすい。ケアマネジャーを引き継げる。などの利点がある一方で、金額設定にオプションが多く月額の利用料金がわかりにくい。介護付き有料老人ホームほど手厚い介護を受けられないため、重度の認知症や病気にかかると、住み替えが必要な場合がある、などのデメリットもあります。  

 


有料老人ホームは、健康の方、介護を要する方両方が対象となる施設です。居室のすべてが個室であり、費用負担は特別養護老人ホームなどより若干多くかかります。

 

費用や提供されるサービスは事業者によって大きく異なり、高額所得者向けの豪華なものから、生活保護受給者を主なターゲットとするものまでさまざまです。

 

特別養護老人ホームなどに比べ、比較的すぐに入居できるのも大きな特徴です。入浴や排泄、食事などの介助だけでなく、日常生活や療養のための世話、リハビリテーションなど、さまざまなサービスを受けることができます。以前は費用が高いというイメージがあった有料老人ホームですが、最近では利用しやすい金額設定になっている施設も多くなってきています。 

有料老人ホームは対象となる人や介護サービスの内容によって「健康型」「介護付」「住宅型」の3つに分けられます。

 

健康型の有料老人ホームは自立した高齢者のみが対象となる施設です。

 

露天風呂やトレーニングルームをはじめ、元気な人が暮らしを楽しむための設備が充実している施設が多く、食事などのサービスは提供されますが、介護が必要になったら退去しなければなりません。なお、比較的費用は安く済みます。

 

最近では、健康型有料老人ホームに入居していて、介護が必要となった場合、提携している介護付老人ホームに転居できるという施設も増えてきているようです。

 

なお、健康型の有料老人ホーム自体はそんなに多くはなく、有料老人ホームの中では珍しい形態と言えます。

 

介護付き有料老人ホームは、都道府県から介護保険の「特定施設入居者生活介護」の指定を受けた有料老人ホームのことをいいます。

 

サービスを提供するための人員基準や設備、運営基準の条件を満たし、都道府県より指定を受けたホームのみ介護付き有料老人ホームとなることができます。食事だけでなく、入浴や排泄など、24時間の介護サービスや居室の掃除・洗濯など、日常生活全般でサービスの提供を受けることができる施設です。

 

住宅型の有料老人ホームは介護が必要な方、そうでない方の両方が対象となる施設で、介護付き有料老人ホームとの違いは、施設に介護スタッフが常駐していないため、介護が必要な場合には、訪問介護サービスなど外部の介護サービスを利用することになることと、介護の料金設定が外部サービスを利用することになるため、複雑であることです。

 

ただし、外部の介護サービスといっても同じ建物の中に訪問介護サービスが併設されている施設が多く、その場合外部というイメージはほとんどありません。

 

外部のデイサービスや訪問リハビリサービスなど、地域の介護サービスを利用できる利点もある施設です。


介護付き、住宅型に関わらず、有料老人ホームは施設内で、レクリエーションや行事など、入居者同士の交流を図るイベントが開催され、入居者が楽しく過ごせるような取り組みをしています。また、ほとんどの方が終の棲家として選択する施設です。


では有料老人ホームの種類について理解していただいたところで、有料老人ホームの探し方について考えていきましょう。


 

どのようにして施設を探すのか?

インターネットか?それとも紹介会社か?

有料老人ホームへの入居を考えるとき、まずはどこにどんな施設があるのかを調べます。有料老人ホームを探すには、一体どのような方法があるのでしょうか。最も簡単な方法はインターネットで探す方法です。

インターネットで探す最大のメリットは情報量であり、有料老人ホーム選びの大きなヒントになります。

 

これらのホームページを利用する際は、立地、費用、居室の広さ、外観や内観といった客観的な事実を重点的にチェックするようにしましょう。

 

なお、このサイト内には全国の有料老人ホームの一覧がありますので、ぜひ参考にしてください。

 

有料老人ホームの紹介センターは、無料で施設の情報を提供してもらえ、また相談にも応じてもらえます。

有料老人ホームに入居する際、紹介センターを利用する人は少なくありません。

 

ホームが多様化し、料金システムも複雑になっていることがその一因です。

 

紹介センターは情報の提供だけでなく、見学の手配から契約の立ち会いまでしてくれるところがあるようですが、そこまでしてくれて相談料金が無料なのはなぜでしょうか。

 

それは紹介先の施設から『紹介料』を受けとるからです。

 

施設との間で一人紹介するといくら、という契約を結んでいるのです。

 

契約料金は紹介1件あたり20万円から50万円が多く、中には100万円以上の契約もあり、紹介料にも大きな幅があるようです。

 

施設は自分のところに優先的に紹介してもらえるように周りの施設よりも紹介料を吊り上げ、紹介センターは高い紹介料をもらえる施設を優先的に勧めるようになります。

 

そのため、紹介センターに勧められて見学する施設が同じ会社の施設ばかりだったということも珍しくありません。

 

このように全ての紹介業者が利用者のニーズに応じた施設探しを手伝ってくれるわけではないということです。

 

もし、紹介業者を利用する場合には、複数の業者を比較し、最も利用者の立場に立ち、親身になって施設を探してくれる業者を選んでいくことが大切です。

 

ケアマネジャーや医療ソーシャルワーカーなどの専門職に相談するのも一つの方法です。

 

利用者の相談に応じながら施設の情報を提供してもらえます。

 

しかし、ケアマネジャーや医療ソーシャルワーカーの中には、有料老人ホームにあまり精通していない方も多いようです。

 

 

どんな老人ホームを探すのか、今一度整理してみましょう!

場所か?雰囲気か?それとも費用か?

有料老人ホームの多くは民間企業が運営しているため、多種多様です。そのため方針を決めずに入居先を探し始めてしまうと、あまりの情報の多さに混乱するだけです。

 

まずは入居する人の体の状態や予算などの現状を整理をした上で、入居先を探すようにしましょう。

 

チェック表(サイト内)にもある通り、有料老人ホームを見極めるポイントは多岐にわたります。まずは絶対に譲れない希望や優先順位を決めておくことをお勧めします。

 


『ここなら入居を考えてもいいかな』という施設が見つかったら、施設の詳細がわかるパンフレットや資料を取り寄せて検討してみましょう。

 

施設のパンフレットについて、運営会社が異なる複数の有料老人ホームを一括で請求できるサイトもあるので、利用してみましょう。

 

入居先として候補の施設を絞り込むことができたら、実際に現地へ足を運んで自分の目で確認し、納得いくまで検討することをおすすめします。

 

施設の見学はできるだけ大人数で行くようにし、多くの人の意見を聞いてから最終的に決めるようにしましょう。

 

介護保険制度について知りたい方は   こちら

 

有料老人ホームの選び方(立地・環境)は       こちら